新卒を対象にした合同説明会は内定に繋がるのか

新卒にオススメの合同説明会とは

 

 

新卒の就職活動を始めた学生が初めに起こすアクションとしては、大手の就職サイトの登録、そして大規模な合同説明会の参加だと思います。

 

 

合同説明会の種類

合同説明会といっても幾つか種類があります。
マイナビやリクナビなどが開催する大規模な合同説明会から県や市などが関与する地域密着型の合同説明会、そして就職支援サービスを提供する企業が開催する合同説明会などになります。
個人的には、後者の2つは企業側も採用意欲が高いと思っています。

 

前者の大手の就職サイトが開催するような合同説明会は、1万人〜2万人程の就活生が足を運ぶことあるので、説明会も簡単なもので終わってしまう傾向があります(会場は、歩くのが困難な程に混雑することもあります)。

 

特に大手企業は、別に合同説明会で積極的に採用活動をしなくても、個別の説明会で予約が殺到することは分かり切っています。そのため、中小企業のように就活生に企業の存在を知ってもらうために合同説明会に参加するのではなく、企業の印象を良くしたりすることが一番の目的と言えます。
そして、選考を兼ねた説明会に関しては、別途就職サイトで予約を受け付ける事が多いです。

 

規模が大きい合同説明会程に、わざわざ参加する価値は低下していきます。もちろん、知らない企業を知るという意味は非常に高いですが、逆に事前に足を運びたい企業のみの説明会を聞くつもりでしたら、わざわざ合同説明会に参加せずに、個別の説明会に参加した方が早いと言えます。

 

選考に関わる合同説明会とは

 

 

地域密着型の合同説明会とは、市などが開催しているため、採用意欲の高い中小企業が多いです。
そのため、知名度は低く、知らない企業が多い一方で、参加する学生も少ないので、じっくりと企業の説明を聞けます。また、大規模な合同説明会と違って、一通り説明を聞いた後は、個別にじっくりと質疑が出来ることも多いです。運が良ければ、その場で面接の日程を決めることができたり、1次の面接を免除して貰えることもあります。

 

就職支援をしている企業が開催している合同説明会は、簡単に言えば企業と就活生の間に就職支援をしている企業の担当者が仲介して開かれる説明会になります。
通常の合同説明会と異なり、仲介会社の就学生に対する支援が手厚い傾向があります。
説明会を通して気になったら企業の選考に進むためのサポートや、当日参加していない企業の求人の紹介などをすることもあります。
就職支援を提供する側は、成功報酬で企業から利益を貰う事が多いので、採用意欲の低い企業の合同説明会の参加は極力しないようにしていることが多いので、大規模な説明会よりも内定のチャンスは高いです。
また、大手の就職サイトが開催する合同説明会よりも知名度は低いので、競争率も低い事が多いので、優良な企業に競争率の低い中で選考を受けれるチャンスもあります。

 

チャンスを見逃さないようにする

 

 

新卒を対象にした合同説明会やイベントは、大小問わずに頻繁に開催されます。後は知っているかどうかになります。
毎年の恒例行事のようになっている合同説明会やイベントだけに参加することにも意味はありますが、何度も言うように競争率は高いですし、大手の企業程に採用意欲は低いです。
前述したように、合同説明会の後に個別の説明会を開き、そこからが本当の選考がスタートするからです。

 

一方で、知名度がそれ程ではなく、地域に根差した企業の合同説明会や採用意欲の高い企業を集めた合同説明会なども開催されています。

 

ニッチな分野で活躍しているような業界は、不特定多数の就活生がくる大規模な合同説明会よりも、志望度の高い就活生がくる後者の合同説明会やイベントに参加することもあります。
そのため、視野を広くして、大手の就職サイトが開催している就活イベントにも足を運んでみる事をオススメします。

 

⇒新卒にオススメの合同説明会

 

⇒新卒にオススメの転職サイト・紹介会社

page top