新卒の就職活動の方法が分からない人のための手引き

新卒の就職活動の方法が分からない人のための手引き

 

大学生の就職活動の方法は、多種多様になりますが、一方で選択肢が多すぎるせいで、どのように就職活動をすれば良いのか悩んだんリ、逆に視野が狭くなって一つ・二つの選択式が思い浮かばない状況になっているケースもあります。

 

この記事では、新卒の就職活動をしている学生の役に立つ、媒体に関していくつ紹介していきたいと思います。

 

全てを利用すると時間が足りなくなったり、中途半端になる可能性もありますが、就職活動の方法がよく分からなかったり、今の方法では上手く行かない状況が続いているのでしたら、自分の知らない方法で求人を探せる方法がないか調べて、行動に移してみてはどうでしょうか?

 

学生が利用する一般的な求人サイト・サービス

・新卒専用の求人サイト
・紹介サービス
・大学の求人
・ハローワーク
・就職フェア、合同説明会
・ソーシャルメディアを利用する

主な方法としては、上記になります。

 

求人サイトに関しては、大手の求人サイトをメインに利用する学生が多いですが、他にも業界に特化したサイトもありますし、特殊な形態をした新卒の求人サイトもあるので、大手の求人サイトを利用していて、上手く行かないのでしたら、業界に特化していたり、スカウトメールに特化したサイト等を利用しても良いと思います。

 

キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

 

新卒紹介

 

 

求人サイトと違って、学生側が求人を自分で探すのではなく、紹介会社側に紹介して貰えるサービスになります。

 

学生側の利用は基本的に無料で、採用が決まると企業が紹介会社側に報酬を払う仕組みになるので、学生が応募を承諾して、採用される可能性の高い求人を厳選してくれるので、自分で求人を探して応募するよりも内定が得られる可能性は高いと言えます。

 

ただし、希望条件が高かったり、持っており資格や経験と希望する条件がミスマッチですと、紹介して貰える求人が限られてくるので、妥協が求められることもあります。

 

そのため、紹介会社側のキャリアアドバイサーと相談しながら求人の応募を吟味すると良いと思います。

 

もう一つのデメリットとしては、紹介して貰う仕組みになるので、選考までの進み方が遅くなりがちになります。

 

そのため、新卒の紹介会社を利用しながら、自分で探す事も忘れずに就職活動を進めた方が効率は良いと言えます。

 

大学の求人

就職課に持ち込まれる求人に応募する方法になります。

 

在籍している大学によって、求人数も扱っている求人の業種も変わってくるので、私からは何とも言えません。

 

ただ、求人が充実していて、就職課の人のサポートも整っているのでしたら、求人サイトや新卒の紹介会社よりもメインで利用した方が良いケースもあります。

 

OBがいる企業でしたら、OB/OG訪問ができる可能性もあるので、就職課の人に相談しみるのも良いと思います。

 

求人によっては、普通に応募するよりも、採用されやすくなる…かもしれません。

 

ハローワーク

 

 

ハローワークでも新卒を対象にした求人や説明会を開いています。ただ、どちらと言えば既卒や第二新卒向けになっている傾向があります。

 

また、企業側のコストはほぼ無いので、体力ない企業の求人もあるので、ブラック企業寄りの企業に入社しやすいリスクもあります。

 

もちろん、優良な企業の求人もある可能性もありますが、競争率が特別低いという傾向もないので、他の媒体で求人を探した方が効率的かもしれません。

 

そのため、時間がある場合に利用を検討するサービスと新卒の人は思っていてよいと思います。

 

正直に言えば、新卒の学生がメインで利用する事は少ないと言えます。

 

就職フェア、合同説明会

周りが参加するから、とりあえず参加する人が多いのが、就職フェアと合同説明会と言えます。

 

規模によっても集まる数は異なってきますが、大手の就職サイトが企画する就職フェアや合同説明会には多くの企業と多くの学生が集まります。

 

一方で規模が大きい程に、企業の名前を知ってもらうための場となっているだけになるので、求人サイトから応募しようが、就職フェアで応募しようが選考で差が出る事は少ないですし、結局は個別の説明会で就職フェアや合同説明会で話したことを再度聞く事になる事が多いです。

 

そのため、規模の大きいものには何度も足を運ぶ必要は無いかもしれません。それよりも直接説明会に申し込みをした方が効率が良いケースが多いです。

 

ただ、中小企業やベンチャー企業に特化しているような合同説明会の場合は、社長などが直接出てくることもあるので、選考に大きな影響を与えたり、内定に直結しているケースもあります。

 

また、リクルーターの方との個別面談で求人を紹介して貰う事も出来るので、紹介会社として利用することもできるので、イベントで応募したいと思える企業がなくても、リクルーターが希望にあった求人を紹介して貰えるかもしれませんよ。

 

参加者内定率96%のMeetsCompany

 

ソーシャルメディアを利用する

Facebookを利用した就職活動をしている企業は少数ながら存在します。

 

一定のITリテラシーを求めている企業が利用しているケースがあり、FacebookやTwitterなどを通してメッセージのやり取りしながら、選考を進める事が多いです。

 

自分の研究成果などを直接見て欲しかったり、ソーシャルメディアなどを積極的に利用しているような企業で働きたい人に向いている就職活動の方法と言えます。

 

 

ただ、この体系で採用活動をしている企業は少ないですし、一般的な採用活動とは別枠で実地しているケースもあります。

 

そのため、自分が興味を持っている企業や業界の企業を見て回っている際に、ソーシャルメディアを通した採用活動をしている事に気づいたら、利用する事がどうか考えてみると良いと思います。

 

就職活動の悩みを相談したいのなら就職課か新卒紹介を利用する

 

 

就職活動の悩みは、家族や友人でも相談しにくい点になります。特に自分が内定が貰えてない状況で、友人が内定を貰っていると非常に相談しにくいと言えます。

 

また親しい友人などがいない人もいらっしゃると思います。

 

そのような状況でしたら、就職課の人に相談したり、新卒紹介をしているキャリアアドバイサーに相談してみると良いと思います。

 

就職課の人・キャリアアドバイサーによっても対応は変わりますが、普通なら真摯に対応してくれるはずです。

 

少しでも就職活動を進めたいのでしたら、紹介会社の方が相談と求人紹介をしてくれる事を考慮しみると効率は良いかもしれません(就職課でも紹介はしてくれるかもしれませんが)。

 

一人で就職活動をする状況になると不安で押しつぶされそうになる時もあると思うので、上手く利用すると良いと思います。

 

⇒新卒にオススメの就職サイト・紹介会社

page top