新卒の就職活動が失敗する方の特徴

新卒の就職活動が失敗する原因

 

 

新卒の就職活動に限らずに、失敗を繰り返す方には特徴があります。それは、「同じ行動を繰り返す」事です。
「失敗の積み重ねの先に成功がある」この言葉は間違いではありません。実際に失敗をせずに成功という結果だけを出せる方は稀です。
ただ、失敗の積み重ねも「同じ失敗」では意味がありません。見方を変えた考えや、違った行動による失敗を重ねるからこそ成功に辿りつけるのであって、失敗した行動を繰り返しても同じ失敗を失敗を続けるだけです。

 

「同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。」

 

これはアインシュタインが述べた言葉の一つになります。

 

二桁以上の応募書類を出して、全て落とされたのでしたら一度理由を探るべきでしょう。面接で全く手ごたえがないのでしたら、やはり落とされる原因を探って改善するべきです。
確かに、企業と受けた学生が「合わなかった」という事はあります。ただ、この企業と学生のミスマッチによる選考が何度も起こったのでしたら、なぜミスマッチを起こす企業に何度も応募してしまったのか考えるべきです。

 

そのような対策を一切しなければ、内定を貰えない人は、全く内定を貰う事はできません。貰えたとしても、人手不足で問題を起こさない人物なら誰でも良いと思っているような会社からしか内定が貰えないかもしれませんよ、

 

自分だけで結論を出そうとしていないか

 

 

内定を貰えない就活生で多いのが、自分一人で思い悩む方です。何でも人に頼る事が良いと言いませんが、就職活動という競争相手が多い中で、一人で悩むの得策ではありません。
また、視野も狭くなりがちになるので、最初に述べたように、似たり寄ったりな就職活動を続けてしまう方が多いです。
良くも悪くも人間は、一人で考えると変化の少ない行動を取りがちです。

 

そのため、大学の進路相談室に今の就職活動を客観的に見て貰いましょう。または、就職支援をしている企業のプロのリクルーターに相談するのも良いでしょう。違う視点を持つ方からいくつもの意見を聞けるの貴重です。

 

進路相談室の担当者にしろ、リクルーターにしろ、実際に複数の内定を獲得している学生の就職活動の方法などを知っているので、少なくとも有益になる情報を貰う事はできます。
そして、いくら有益なアドバイスを貰っても、就職活動に活かさなけれが意味がありません。社会に出た後も、第三者の意見を柔軟に取り入れる考えと行動は、多かれ少なかれ必要になるので、就職活動を機に慣れて行くようにしましょう。

 

⇒オススメの新卒の就職支援

 

自己満足の面接はしない

 

 

厳しい事を言えば、大学4年までに勉学や研究、語学などを積み重ねて来た人、遊び続けて来た人とでは内定を貰うためのハードルは違います。ただ、後者の方でも全くアピールできる点が無いと言う事は少ないです。アルバイトやサークル・部活動、ゼミなど誰でも少なからず自己アピールでき点はあります。
面接の場で、自分の利点をアピールでき、志望動機を上手く表現できる方でしたら、優良な大手企業から複数の内定を貰える事もあります。

 

逆に志望動機や自己アピールの伝え方が下手ですと、どれだけ就職に有利な体験をしていても内定が貰うのに苦戦することになります。

 

そのため、面接で何時も落とされる方は、第三者に面接官をして貰うようにしましょう。家族でも良いですが、前述した長年の経験を持つ就職課の担当者やリクルーターの方が適切なアドバイスを貰える可能性があります。

 

競争率の高い求人だけに挑まない

 

 

就活生なら登録する定番の大手就職サイトはいくつか存在します。登録するの良いですが、一方で競争相手も非常に多いです。そのため、他の競争相手と差別化できるような自己アピールや志望動機を持っていないと簡単に内定を貰う事はできません。もちろん、貰える方は簡単に貰えますが、貰えない方ですと全く貰えません。
大手の就職サイトを利用しているような企業は、応募書類の段階で出身大学で落としたり、企業が望んでいるような体験を記載したエントリーシートを優先することもあります。不特定多数の学生から送られてくる履歴書・エントリーシートに合否を付ける場合は、明確な基準を作る事が求められるからです。

 

そのため、大手の就職サイトだけを利用するのではなく、業種に特化した中堅サイトや、オファータイプの就職サイト等を利用するのも一つの手段です。

 

専門に特化したサイトは、志望動機が固まっていない方や、視野が狭い方の利用が少ないので、競争率は落ちます。
また、企業と応募者とのミスマッチも下がるのでオススメです。
スカウトメールを中心としたオファー型の就職サイトの場合は、あなたに興味を持った企業からしかスカウトメールが来ないので、内定を非常に貰いやすいです。
もし興味があれば、下記の記事を参考にして頂ければ幸いです。

 

⇒企業の採用担当者や経営者から直接オファーが貰える就職サイト

page top