女性のための将来を考えた新卒就職活動

女性のための新卒就職活動

 

 

男女平等…といっても、実際の仕事の現場で完全に浸透している職場少ないです。また、男女関係ない実力主義の職場が女性にとって本当に良い職場なのかは、人によっても変わって来ると思います。

 

女性だと管理職になるのは難しい職場だが、忙しい部署や転勤を避けてくれる会社もあれば、男女関係なく成果を見て出世や給料の判断がされる一方で、女性にも男性と同じ残業や転勤を求める企業もあります。

 

その点を考慮した上で、どのように働いて行きたいのか考えて新卒の就職活動に挑む事をオススメします。

 

なお、女性が仕事を辞める理由の一つとしては、男性と同等の仕事量を求める職場環境について行けなくなる事が挙げられます。
もちろん、会社によっても仕事量は変わって来るので一概に言えませんが、産休や育児休暇の取得率の高さや働きやすさをアピールできるような会社は極一部の大手企業だと思った方がいいです。

 

女性が長期的に働ける職場とは

 

 

結婚を前提に長期的に働く事を考えるのでしたら、産休や育児休暇をとっても嫌な顔をされない、前述したような一部の大手企業から内定を勝ち取ることになります。
なお、出世などを考えないのでしたら、優良な中小企業でも育児休暇を取っても問題なく職場に戻れる可能性はあります。

 

逆に出世を考えるのでしたら、人手に余裕のない中小企業は勿論、大手企業でも難しい事があるので注意しましょう。

 

嫌な言い方を言えば、結婚と仕事のどちらをとるか…を迫られる可能性が来ることも覚悟する必要があると言えます。

 

なお、女性が働きやすい職場の例としては、資生堂、NTTデータ、サントリー、花王、キリン、TOTO、りそな銀行etc,,,,などが挙げられます。出世のしやすさまでは把握できませんが、女性が働きやすい職場としては良く聞くことのある企業になります。

 

中小企業になると、求人などで知ることは難しいので、実際に面接に行ったときに聞くか、就職支援をしている紹介会社のリクルーターなどに女性の働きやすい企業を探して貰うと良いと思います。

 

ただ、出世もできて、女性も働きやすいとなると…極一部の企業になりますし、競争率も跳ね上がると思った方がいいかもしれません。

 

総合職と地域限定社員

職種によってはも、出世ができるか否か変わってきます。総合職の場合は、男性が多いですが、女性も少数ながらいらっしゃいます。ただ、総合職の場合は出世争いが前提となる事が多いので、仕事内容も激務になるので男女問わずに覚悟が必要になります。また、結果だけではなく、上司との関係も良好ではないと、出世して行くのは難しいかもしれません。

 

逆に地域限定社員は、出世がしにくい一方で、総合職と違って転勤もなく、仕事内容も多いく変わる事はないので、男性よりも女性が多い傾向があります。福利厚生や休日に関しては、会社によっても大きく変わってきますが、一つの参考にして頂ければ幸いです。、

 

女性の多い業界は女性の働きやすい職場か

女性が多い職場となると、アパレル業界や化粧品業界、医療・福祉業界になります。これらの業界は、確かに女性の比率は多いですが、それは現場で働く社員が女性を占めているだけであって、本社の経営陣や管理者は男性も多いです。
実際に上述したよ、3つの業界は現場の女性の離職率は高いですし、結婚を期に辞める方も多いです。そのため、業界によって女性が働きやすいという事は少ないと思います。

 

それよりも、業界問わずに会社が女性の働きやすい職場を意識しているかどうかが一番大切になると思った方がいいです。

 

非公開求人から探して見る

 

 

大手の就職サイトに掲載している有名企業の求人となると、競争率が跳ね上がります。もちろん、挑戦しないと内定が貰える可能背は0ですが、競争率が高い企業の選考を受けるだけでは効率が悪いですし、全ての企業の選考が落とされるといった結果になる事も少なくありません。

 

そのため、一部の就職支援企業を通して学生を紹介して貰ったり、直接学生にオファーするスカウトメールを中心にしたサイトを利用することで、競争率の低い非公開求人の選考を受けるのも一つの手段です。
上手く行けば、女性が働きやすい会社に、低い競争率で内定が貰える可能性もあります。

 

もし、興味がありましたら下記の記事も参考にして頂ければ幸いです。

 

⇒非公開求人が見つかる新卒のための就職サイト・紹介会社

page top