新卒の就職活動でホワイト企業を探す方法

新卒の就職活動でホワイト企業から内定を貰うには

 

 

ホワイト企業と一言でいっても、ブラック企業同様にホワイト企業の基準も人によって個人差があります。
ただ、多くの方理想とするような、「給料が高い」、「残業がない」、「人間関係が良好」、「福利厚生が整っている」といった項目全てを満たしたホワイト企業を探すのは現実的ではないと言えます。

 

仮にあったとしても、新卒の社員を入社させるのではなく、中途で高いスキルを持った方を採用した方が企業にとってもメリットが高いです。

 

一方で、ある程度ハードルを下げ、妥協する事ができるのでしたら、それなりのホワイト企業に新卒でも入社できる可能性はあります。

 

※探し方についての詳しい話は後述します。

 

待遇が比例しない項目

 

 

新卒の内から高い給料が欲しいと希望するなら、残業の少なさや仕事の働きやすさは捨てる必要があります。
理由としては、若い内から高い給料を目指すのでしたら、完全実力主義の外資企業などに就職する必要がでてきます。また、給料が高いという事は、それだけ仕事が忙しくなるので残業も増えます。

 

給料が高くて、休日もとれるのは、一部の経営者や幹部などになるので、新卒で目指すのは現実的ではないです。

 

逆に、休日や福利厚生を重視するのでしたら、給料や仕事のやりがいに関しては、ある程度妥協した方がいいです。

 

最近は、休日や福利厚生を重視する学生や社会人が増えているので、仕事の内容に関わらずに、競争率が非常に高いです。
そのため、給料の金額や業界・職種に拘っていると応募できる求人は非常に狭まります。もちろん、業種・職種に拘っても採用される可能性はありますが、他のライバルよりも優れた体験や自己PR・志望動機がないと内定を勝ち取るのは難しいと言えます。

 

人間関係を重視し過ぎる事はオススメしない

 

 

ブラック企業ではなく、堅実な経営をしている企業でしたら、問題のあるパワハラやセクハラがある可能性は少ないです。
逆に言えば、それ以上の水準を企業に求める事はオススメしません。

 

理由としては、企業に関わらず人の入れ替わりは必ず生じます。面倒見のよい先輩や気が合う同僚なども、不意に職場を去って行く事はよくあります。逆に、どうしもて気が合わない同僚や直属の上司が代わりに配属される事もあります。

 

そのため、職場の規律を順守させる体制が企業側が整えているかどうかをしっかりと見極めるべきですが、社員単位の人間関係を重視して就職活動をする事は止めた方がいいです。

 

むしろ、多少人間関係が悪くなっても、働き続けられる仕事のやりがいや、待遇が整っている企業を選んだ方が長期的に働き続ける事は出来ると思います。

 

ホワイト企業の探し方

 

 

自分の条件に合った企業の求人を探すのでしたら、就職サイトの求人と睨めっこするのは効率が悪いです。
残念ながら大手の就職サイトでも、求人の情報が正確ではなかったり、情報不足な事が多いです。しかも、求人数が多いせいで、条件を満たした求人を見落とす可能性も高いです。

 

また、最近は大手の就職サイトを利用しない企業も増え始めました。

 

大手就職サイトを利用する学生は、膨大な数になります。そのため、説明会に予約する学生の志望度も様々です。全員が志望度が高い学生ならいいですが、一方で面接の練習のためや、とりあえず内定が欲しいといった学生、酷い場合は予約だけして来社しない学生もいます。

 

そのような選考を受けさせるだけ無駄な学生を相手にして、不要なコストと時間を掛けるよりも、志望度の高い学生が利用する一つの業界に特化した就職サイトや就職支援をしている企業に求人の依頼をした方が、採用活動をしている企業にとってはお金も抑えられますし、余計な時間を費やす事も防げます。

 

優良企業程に採用活動に掛けるお金はシビアに見る

人材の採用は、将来的に経営を存続させていく事を考えると、企業にとっては避けて通る事はできません。ただ、新卒の学生を採用しても、即戦力は見越せない上に、研修のための費用やなどを考えると、短期的に見ればコストの方が掛かります。そのため、採用しても短期で辞められてしまっては、ただお金と時間を浪費しただけになります。

 

したがって、優良企業程に志望度の高い学生が集まる就職サイトを利用する傾向が強くなっています。

 

逆に、ブラック企業は普通に採用活動をしても人が集まらないので、大手の就職サイトに多額のお金を払って、トップページに求人を載せて貰ったり、メルマガの注目企業の一覧などに載せて貰って、少しでも応募者を集めます。
採用活動をしていて、ブラック企業で有名な企業なのに、就職サイトの検索で上位表示されたり、注目・優良企業で社名が出てくるのは、その分お金を検索型の就職サイトにお金を払っているからになります。もちろん、全てがブラック企業という訳ではありませんが、大手の就職サイトに掲載されているからといって、ブラック企業が少ないとは思わないようにしてくださいね。

 

オススメの就職サイトと就職支援企業

リクナビやマイナビといった就職サイトは、多くの学生が利用していると思いますし、利用すべきと言えます。ただ、多くの学生が利用する程に競争率は高くなります。また、前述したように、大手の就職サイトを利用しない企業も増えています。
そのため、他の中堅規模の就職サイトも利用した方が効率良く、優良なホワイト企業に出会える可能性は上がります。

 

キミスカ

 

 

キミスカは、登録したプロフィールを見た企業が、あなたにオファーのスカウトメールを送るサービスを中心にしている就職サイトになります。

 

就職サイトのスカウトメールは、企業が設定した条件にヒットした学生に対して、自動的にスカウトメールを送るシステムになっていることが一般的です。

 

しかし、キミスカは企業の人事担当者や経営層の人が直接あなたのプロフィールを見てオファーを出す事があります。そのため、企業も採用意欲が非常高いので、内定を貰える可能性が高いです。

 

また、一度登録した後は、プロフィールや自己PRなどの細かい修正だけで、基本的には待つだけになります。そのため、他の就職サイトとも併用しやすいです。
サービスは、全て無料になるので利用してみてはどうでしょうか?

 

また、キミスカでしか採用活動をしていない企業も多数あるので、優良企業に出会えるチャンスも上がるかもしれませんよ。

 

キミスカでインターン経験・就活状況を人事にシェアしてスカウトを獲得!

 

 

MeetsCompanyを利用して優良企業に就職する

 

MeetsCompanyの開催するイベントでは、優良企業(東証一部上場企業など)からトップベンチャー企業まで幅広い企業が参加してくれますし、イベント参加後でもリクルーターを通して企業の紹介をして貰う事ができます。

 

本当に優良企業と出会えるのかと疑問を感じるかもしれませんが、MeetsCompanyのイベントに参加した学生の96%は満足しているというデータもあります。

 

MeetsCompanyに参加している企業や個別紹介して貰える企業の中には、非公開求人もあるので、大手の求人サイトでは見つけられないような隠れ優良企業と出会えることもあります。

 

何回行っても完全無料になりますし、社長が参加することもあるので、イベント時の座談会形式の選考次第では、その後の選考が特別選考になったり、即日内定に繋がることもあります。

 

一度は行ってみて損はないと思いますよ。

 

MeetsCompanyに参加する

page top