就職活動をする上で優先順位を付ける事の重要性

企業で働く上での優先順位を付けて就活をする

 

 

企業に就職して、働き続けるには、「給料」「福利厚生(休日)」「仕事のやりがい」が重要な条件になります。
1つが満たされない分には、転職を考えずに働けると言われており、二つ以上満たされなくなると転職を考えるようになると言われています。
また、これら3つの要因は、人によっても基準の高さは異なってきます。そのため、就職活動をする中で、ある程度の基準と優先順位を決めて置くようにしましょう。

 

まだ一度も働いていない学生の方は、優先順位を付ける事はできても、基準を作るのは難しいと思います。特に仕事のやりがい等、働いた経験がないのでしたら、業種や職種を決めるのが精一杯だと思います。
それでも、自分で調べられる範囲で調査して、ある程度の基準と優先順位を付けた上で就職活動を進める事をオススメします。

 

優先順位が低い条件は妥協も考える

 

 

全ての条件を高い水準で満たすような企業に出会い、内定を貰える可能性は非常に低いです。もし、就職活動をして行く上で、今の条件では難しいと感じたら、優先順位に応じて基準を下げて妥協するようにしましょう。

 

逆に、優先順位の高い項目は、出来る限り下げない事をオススメします。

 

一番注意すべきなのは、「どこでも良い」となってしまうことです。

 

条件の優先順位や基準を曖昧にしたり、決めなかったりすると、仮に就職活動が上手く行かなくなると、企業に求める全体のハードルが下がってしまいます。

 

それこそ、ブラック企業に入社するリスクも跳ね上がります。

 

内定が貰えた時は良いかもしれませんが、いざ入社したら長期的に働きつづられないような待遇だったり、やりたくない仕事に毎日向き合わないと行けなくなる事もあります。

 

そのような危険性を減らすためにも、必ず明確な条件と基準を作る事をオススメします。

 

仕事のやりがいを最優先に考えるリスク

ある専門職になりたいと具体的に決めているのでしたら良いですが、それ程の覚悟がないのでしたら、特定の業種や職種に拘る事はオススメしません。特に学生の方ですと、社会で働いた経験はアルバイト程度になると思うので、実際に働く事の責任や大変を理解する事は難しいです。もちろん、業種や職種に拘りたいと思うのは間違いではないですが、それよりも給料や福利厚生(休日)がある程度整っている企業を重視する事を個人的にオススメします。

 

実際に就職した後に、思っていたような仕事ではなかった、または面白さが分からないと感じる方は非常に多いです。

 

そして、仕事の内容・やりがいを重視し過ぎて、休日が少なかったり、給料が低いと、すぐに心は折れてしまいます。また、休日が少ないと転職活動をする時間を確保するのも難しなります。

 

大学生が新卒で入社して、3年以内に退職する可能性は、3人に1人と言われています。

 

これは、新入社員の根性がないという理由もあるかもしれません。

 

しかし、個人的には入社前に思っていた仕事とのギャップであったり、耐えられると思っていた待遇の悪さを我慢する事ができなかった等の理由が原因の場合も多いと思っています。

 

 

どれだけ、入念に就職活動をしても、絶対に就職を成功させられる保証はありません。

 

そのため、思っていた仕事とギャップがあった場合でも働ける環境か、または転職できる休日などがあるかも考慮した方が良いと思います。

 

新卒のための就職エージェントを利用する

 

 

求人などから正確な休日日数や給料、仕事内容が把握できない事もありますし、ブラック企業の場合は求人内容と実際の待遇が違う事もあります。
また、条件にあった求人を探すのも手間と時間が掛かります。

 

そのようなリストと余計ない時間を省くのでしたら、就職支援をしている企業のリクルーターなどに相談するのも一つの手段です。

 

条件に合った求人を、リクルーター側が探して紹介して貰えるので効率も良いですし、信用できる企業を利用すればブラック企業のリスクも大幅に下げる事ができます。

 

もし興味がありましたら、下記の記事を参考にして頂ければ幸いです。

 

⇒採用意欲の高い企業が集まる合同説明会・新卒専用の就職支援をしてくれるサイト

 

 

page top