新卒の就職活動で普通自動車免許は重要か

新卒の就職活動で普通自動車免許は重要か

 

履歴書の資格の欄に記載して、とりあえず損のない資格として挙げられるのが、普通自動車免許になります。

 

では、逆に普通自動車免許を持っていないと就職活動で不利になったりするのか不安を感じる人もいらっしゃるかもしれません。

 

普通自動車免許を取得していなくて不利になるのは、当然ですが自動車運転の必要がある仕事になります。

 

代表例と言えば、営業職になると思います。

 

後は、全国にある事業所や現場を観察するような仕事も必要になると言えます。

 

逆に言えば、事務職といったデスクワーク系の仕事なら自動車免許なんて必要はありません。

 

そのため、職種よって必要性は変わると言えます。

営業職なら普通自動車免許は事前に取得しないといけないのか

普通自動車免許がないからといって、営業職の内定が貰えないわけではありません。

 

要は、入社するまでに取得して貰えればいいのです。

 

普通自動車免許の取得難易度は低いと言えますし、大半の人がとりあえず時間のある大学時に取得する資格の筆頭になります。

 

だからこそ、取得できない事態も企業側はそれ程想定しません。

 

逆に、取得しないと解雇されることもありますが……それは、取得しなかった本人の自業自得と言えます。

 

そのため、普通自動車免許を持ってないからといって、就活に不利になることは無いと思います。

 

ただし、資格の欄に何も書けないと空欄が目立ってしまいます。その点を考慮すると、とりあえず記載しておけるのはやはりメリットとなりますし、営業等を任せるつもりの企業は安心できると言えます。

 

免許がないと仕事と直接関係しない場所で評価が落ちることも

仕事で自動車運転をする機会が普段なくても、時折上司と共に自動車で出張することになったり、現場を視察するようなことになった時に、部下が運転できないとなると、上司に頼むことになります。

 

本来部下がすべきことは、できないのは、あまり印象が良くありません。

 

もちろん、気にしない上司も沢山いるのですが、リスクを避けるなら、運転できるようになっていて損はありません。

 

また、転職などで営業などを目指すことになった際も、時間のある大学時代に取得しておいて損はありません。

 

社会人になった後に普通自動車免許を取るのは、なかなか手間です。

 

自動車が運転できるかどうかで、評価や人生の選択にマイナスを与えないためにも、さっさと取得しておきましょう。

 

ATとMTどちらを取得するべきか

基本的にATで構いませんが、配送者の運転などがあるのでしたら、MTが必要になります。意外に、普通自動車免許のMTで運転できるトラックを使用している配送会社も少なくありません。

 

また、配送会社ではなくても、敷地内で普通自動車免許のMTで臨時で車庫入れを頼まれることもあります。

 

不測の事態にも対応したいのでしたらMTで取得して問題はないと思います。ただし、そこまでは面倒だと思うのでしたらATでも十分だと思います。

 

私は、MTで普通自動車免許を取りましたが、ATの方が圧倒的に快適です(笑)

 

おそらく、ATの方が講習も楽だと思います。

 

どうしても、MTが必要だと思っている人以外は、あまりMTを選ぶ必要ないのかなと個人的には思います。

 

⇒新卒の就職活動でホワイト企業を探す方法

page top