競争率の低い新卒の求人を探す方法

競争率の低い新卒の求人を探す方法とは

 

競争率の低い求人を探す場合は、一般の就職サイトを巡回してもなかなか探すことは難しいです。

 

ブラック企業と言っても良い求人なら当たり前ですが競争率は低いですが、目に止まるような待遇の求人や人気のある業種でしたら、例え聞いた事のない企業の選考でも競争率は高くなりやすいです。

 

特に大手の求人サイトを利用している学生は多いので、例え検索した際に最後のページにあるような求人でも多数の学生が閲覧しているので、競争率が低くなるような事は少ないです。

 

そのため、待遇の低い求人や意図的に人気のない業種を選んで応募するぐらいしか、競争率の低い求人出会える可能性を上げることはできません。

 

もちろん、運が良ければ待遇が良い求人でも応募者が少ないこともありますが…

 

新卒紹介の利用を考えてみる

 

 

希望条件に合った競争率の低い求人に応募するなら、新卒専門の紹介サービスを利用するのも一つの手段です。

 

自分で探すのではなく、紹介して貰うサービスになるので、不特定多数の応募が無いので、必然的に競争率は下がると言えます。

 

企業側が応募条件を絞って紹介会社側に求人を依頼しているので、誰でも応募できる訳ではないですが、あなたの希望と企業側の応募条件がマッチしているのでしたら、競争率が低い中で選考を受けられる可能性があります。

 

紹介会社側も登録した学生が採用されないと、成功報酬を企業から貰えないので、採用される可能性があり、希望に近い求人を紹介してくれますし、紹介する学生の数も限定しようとします。

 

応募条件を満たすからといって、誰にでも紹介すると、採用されなかった学生が不信感を持ちますし、紹介会社にとっても利益にならなからです。

 

注意点としては、マッチした求人がないと紹介されない点と、選考がスピードが遅くなりがちな点になります。

 

そのため、他の求人サービスや複数の紹介サービスを利用した方が効率的に就職活動をすることができます。

 

中小企業やベンチャー企業を対象にした合同説明会に足を運ぶ

大規模な合同説明会や就職フェアほど集まる学生も多くなりますし、直接応募しても変わらない選考の申し込みを受け付けをしている企業が多いです。

 

逆に、規模が小さい地域の中小企業が集まる合同説明会やベンチャー企業を主体にした合同説明会の場合は、裁量権の強い人事の人や社長が直接出席しているケースもあります、選考が特別選考になったり、内定に多きな影響を与える結果に繋がることもあります。

 

また、参加者も多くないので、競争率も低い…とまでは行かなくても、規模の多き就職フェアや合同説明会よりも内定に繋がりやすいと言えます。

 

⇒ミーツカンパニーが主催する合同説明会で内定獲得

 

大手企業に固執するのは避ける

どのような手段をとっても、大手の人気のある企業の選考を、競争率低く受けることは難しいと言えます。

 

何もしなくても応募が多数きますし、採用に避ける人材も他の企業とは比較になりません。

 

仮にインターンなどに参加しても、必ず採用される訳がないのが人気の高い大手企業になります。

 

少しでも早く内定を得て安心したいのでしたら、大手企業ばかり探すのではなく、紹介会社を利用したり、規模の小さい就職フェアや合同説明会に参加して、知名度が低くても優良な企業を探して、競争率が低い中で内定を得るために行動してみる事をオススメします。

 

内定を得ていた方が、余計な緊張を取り除かれるので、大手だけに固執して、全滅…といった一番最悪のパターンだけは避けるように就職活動をすることをオススメします。

page top