面接の逆質問で福利厚生や残業時間を質問して良いのか

面接の逆質問で福利厚生や残業時間を質問して良いのか

 

面接の時には、福利厚生や残業時間、有給休暇の取得率、離職率について詳しく聞く事を躊躇ってしまう方はいらっしゃると思います。

 

面接の最後に面接官が時間の枠を取ってくれる逆質問が一番、聞きやすいタイミングでもありますが、逆質問は面接官に選考を受ける上での熱意を伝えることができる場でもあります。
そのため、最初に挙げたような、就職するにあたっての熱意とは違った、むしろ自分の保身を考えた質問は評価を下げるのではと考える方が多いと思います。

 

個人的には、福利厚生や残業時間、離職率、有給休暇の取得率などを聞く事は問題ないと思っています。
ただ、自分で調べられるのでしたら、わざわざ面接で確認することのないようにしましょう。あくまでも、求人や有価証券報告書などからでは読み取れない事が前提となります。

 

後、当たり前ですが福利厚生に関連する質問だけではなく、熱意ややる気を伝えられる質問も同時にするようにしましょう。

 

就職活動の方針・志望度によって質問を吟味する

もし、給料や残業時間、残業代などを詳しく聞きたいけど、選考に悪影響を絶対に与えたくないと思うのでしたら、内定を貰った後に聞くのも一つの手段です。

 

実際に労働契約を結ぶ、内定を受諾するか否かの時点で、時間を貰って聞きにくい質問をすれば、それが理由で落とされる事はありません。
もし、その時点でサービス残業が疑われたり、給料に固定残業代が含まれていたなどの働く上で不利な条件と思える条件が隠されているのでしたら、内定を受諾しないのも良いでしょう。

 

ただ、選考に要した時間が無駄になるので注意して下さい。

 

ブラック企業かどうか判断する事に重点を置くなら質問を怖がらない

 

優良企業だったり、離職率がある程度高いベンチャーなどでしたら、そもそも隠すような事はないので、残業・有給休暇・福利厚生に関する質問に対してもそれ程気にせずに答えてくれますし、それだけで低評価にされる事はありません。

 

まあ…優良な企業の場合は、面接で質問をしなくても、求人の募集要項で、給料に固定残業代が含まれているか否か、算定方法などもしっかりと記載されている事が多いです。また、有給休暇や離職率も具体的な数字は載っていなくても、ある程度記述されている事が多い位です。
理由は簡単で、学生にとってマイナスではなくプラスの印象を持てる実績があるなら、積極的に公表した方が応募が増えるからです。
逆に、福利厚生が充実していなかったり、残業代を完全支給できない場合は、求人に載っている情報が極端に少ない事が多いです(詳しくは新卒でブラック企業に入社しないためには)。

 

なお、後者のブラック企業の場合は、面接で情報不足な福利厚生や残業代について聞くと落とされます。労働基準法などを追及されると、会社が存続できなくなるからです…
したがって、福利厚生などを聞いて、曖昧にはぐらかされて、落とされたらブラック企業だったんだと思って切り替えましょう。

 

もちろん、情報が少ない求人を載せている企業全てがブラック企業という訳でないですが、志望度がそれ程高くなかったり、ブラック企業でも内定が欲しいといった理由がないのでしたら、質問しても良いと思いますよ。

 

勘違いによる新卒の就職活動の失敗

就職活動では、学生側が選ばれる立場になるので、聞きにくい質問などをせずに、内定を貰って入社してしまう方が多いです。
実際に入社したら、想定以上に残業が多い、有給休暇が全く使えない、残業代が残額支給されないブラック企業だった…といった後悔する方も多いです。
入社後に、就職を後悔するリスクと面接で事前に質問をするリスクを考慮したら、普通に考えれば後者を選んだ方が良いと言えます。

 

なお、前述しましたが、どうしても内定が欲しくて、逆質問による低評価を避けたいのでしたら、多少時間を無駄にしますが、内定が出され、承諾するかどうか問われた時に求人の募集要項の内容について改めて詳しく聞くようにしましょう。

page top