内定辞退の方法と期間

内定辞退の伝え方と期間

 

まず勘違いしないで欲しいのは、内定辞退は法律違反ではないので、マナーなどを度外視するのでしたら、入社直前で入社を辞退しても訴えられるような事は基本的にありません。
※企業から入社のために引っ越し費用等を貰っている場合は、返金を求められたりする可能性はあります。

 

日本は憲法に、職業選択の自由が保障されているので、仕事を辞める社員を企業は留める事は基本的にできません。したがって、入社してもいない学生の内定辞退を拒否する事はできませんし、損害賠償などを求める事も基本的にできません。

 

内定辞退を知らせるのは何時か

入社する気がないのでしたら、素早く企業側に伝えるべきと言えます。
内定を受諾しておいて、入社前に断っても訴えられる事はないですが、入社直前に連絡するといった行為は、社会人としての常識を疑われます。

 

なお法律上は、内定辞退を告げる場合は、2週間の予告期間が必要とされています。

 

そのため、法律上の話で言えば入社直前の2週間前でしたら損害賠償を求められる事はありません。
また、仮に入社前2週間を過ぎていても、まだ入社してもいない学生が内定を拒否したことによる、会社の損害を具体的に示す事は非常に難しいです。
そのため、脅しのために企業が損害賠償の請求をする事はあっても、実際に損害賠償が裁判で認められる危険性は、限りなく低い上に、企業からしたら内定辞退を受け入れる以上にコストが掛かる事になるので、裁判まで本当に進む事も滅多にないのではと思います。

 

内定辞退の連絡方法

内定辞退の連絡をする方法としては、電話が一般的です。仮にも、誠意をもって採用選考をしてくれた企業になるので、メールで一方的に内定を拒否するのはなく、電話で誠意をもって内定拒否と謝罪をするようにしましょう。
ただ、直接会社に来いといった話は拒否しても良いと思います。そこまでする必要がないのも事実です。
あくまでも、社会人として内定を断るようにしましょう(まあ、直接謝罪するのが社会人と述べるかたもいらっしゃいますが)。

 

なお、お詫び状を送った方が良いと述べる方もいらっしゃいますが、そこまでする必要は個人的には無いと思っています。ただ、少しでも謝罪の気持ちを表したいのでしたら、送付しても良いと思います。

 

ただ、企業側も「内定辞退」は一つのリスクと考えて採用活動をする必要があるので、それ程思い詰める必要はないと思いますよ。

 

企業側が内定辞退を拒否したら

内定辞退を企業が断って、前述した要に損害賠償を訴えてきたリ、二度とあなたが所属している大学から学生を雇わないといった脅しをしてくる事もあります。

 

企業からお金を融資して貰ったりなどの事情があるのでしたら、お金は返す必要はありますが、そのような事がないのでしたら、前述したように損害賠償請を求められる事は基本的にありません。
また、一人の学生が内定辞退するリスクを一切考えていないのは、企業にも問題があります。または、余程の人手不足な事が伺えます。

 

実際に行動に移す事は滅多にないので、気にする必要はないと思います。

 

むしろ、内定辞退をした瞬間に、企業側が社会人の最低限のマナーも忘れたような口調で脅してくるのなら、その企業の本性を知らずに間違って入社せずに済んで良かったと思いましょう。

 

⇒新卒の方にオススメのイベント

 

page top