滑り止めの企業に入社するか迷っている

滑り止めの企業に入社するか迷っている

言い方は悪いですが、第一希望や第二希望の競争率が明らかに高い企業ではなく、「ここなら採用されるだろう」と思ったり、「面接の練習で受けてみよう」と思った企業から内定を貰えた人もいらっしゃると思います。

 

そして、希望していた企業は全て落ちてしまって、滑り止め感覚で受けた企業の内定しかない……どうしようかと悩んでいる人もいらっしゃると思います。

 

延長戦がオススメ

滑り止めを蹴って既卒の就職活動をすることはオススメしません。

 

しかし、まだ就職活動を続ける期間が残されているのでしたら、納得のいく企業を探すべきです。

 

滑り止めの感覚で得た内定先に就職して、ブラック企業だったら後悔しかありません。

 

予想外にホワイト企業だったら嬉しいかもしれませんが、待遇面の時点で納得できないなら、その可能性は低いと言えます。

 

就職活動を終わらせて、さっさと海外で卒業旅行にいったり、友達と遊ぶ時間を作りたいという気持ちは分かります。

 

特に周囲が就職活動を終えていると、もういいんじゃないか? と頭によぎってしまうと思います。

 

しかし、それで就職活動を終えて、入社した後に後悔する人も沢山いらっしゃいます。

 

そうらならないためにも、改めて応募する企業を再検討してみて、就職活動を延長してみてはどうでしょうか?

 

内定承諾書にサインした後でも就職活動できるのか

内定を承諾するのに期限があることが一般的だと思います。

 

承諾したら、もう入社を拒否できないと思ってしまうかもしれませんが、そのようなことはありません。

 

内定承諾書や誓約書にサインしたからといって、入社を強制される訳ではありません。学生側はその後でも断ることはできます。

 

そのため、仮に内定を承諾してしまっても、就職活動を続けることができるので安心してください。

 

内定承諾書や誓約書は、企業側が学生の内定辞退を防ぐためのプレッシャーと言えます。

 

実際は断っても問題ありませんし、損害賠償も支払う必要はありません。

 

ブラック企業傾向が強い企業程に、プレッシャーが強い事が多いので注意してくださいね。

 

滑り止めがあれば余裕をもって就職活動ができる

入社する企業が無く卒業することを回避できるのは、やはり心に余裕があります。それだけで、内定をもらえずに就職活動をしている学生よりも優位になります。

 

また、滑り止めよりも待遇面で良い求人や、働きたいと思える求人だけに応募すればいいのも気楽と言えます。妥協する必要がありませんもんね。

 

私のオススメの方法としては、ミーツカンパニーのような合同説明会のイベントに参加して、一般の求人サイトに掲載されていないような、非公開求人の優良企業を探す方法になります。

 

特に今まで、大手の求人サイトのみで就職活動をしていたのでしたら、非公開求人を扱っているような紹介会社などを利用すれば、あなたの期待以上の条件の企業に出会えるかもしれませんよ。

 

⇒新卒の就職活動でホワイト企業を探す方法

page top