希望する企業に入社できなかったら既卒で再チャレンジしてもいいのか

希望する企業に入社できなかったら既卒で再チャレンジしてもいいのか

”どうしても入社したい企業がある!”

 

そう思って挑んだいくつかの企業から全て不採用の通知がくると心が折れると思います。

 

そうなると、普通は求人サイトや紹介会社を利用して、1から応募したい企業を探すことになると思います。

 

しかし、人によっては既卒で再チャレンジすることはできないのかと悩む人もいらっしゃると思います。

 

私個人の意見になりますが、絶対に止めた方がいい……とまでは言いませんが、オススメはしません。

 

どうしても、入社したい企業があるのでしたら、一度他の企業に入社して転職する道を選ぶことをオススメします。

既卒だと採用されにくいのか

既卒でも応募できるからといって採用される可能性が新卒と同じ訳ではありません。

 

おそらく、あなたがどうしても入社したかった企業の競争率は高いのだと思います。

 

そして、既卒というステータスは残念ながらハンデになります。特に新卒が応募できる求人に、既卒として挑戦するとなると、書類選考でも、面接でもマイナスの印象を与えやすいです。

 

特に新卒専用の求人サイトに掲載されている求人は、基本的に新卒を採用することを前提にしています。

 

既卒が応募できるのは、建前となっていることがほとんどです。

 

どうしても挑戦したいというのでしたら止めはしませんが、採用される可能性は低いことを承知した上で挑戦してください。そして、不採用になったことを想定した上で既卒として就職活動するようにしましょう。

 

新卒として2度目のチャレンジをする場合はどうなのか

企業によっては、1年に2〜3回の選考をすることもあります。

 

1度目は不採用だったから、2度目も挑戦したいと思っている人もいるかもしれません。

 

しかし、やはり基本的に2度目はないと思った方がいいです。

 

求人の条件に、1度受けた人の応募を受け付けないという記載をしていることが多いです。

 

記載されていなくても、人事側が同じなら、以前選考を受けた人を再度見るような事は少ないです。

 

もちろん、2度目の応募を熱意として評価するケースもありますが……評価されない方が多いと思った方がいいです。

 

やはり、駄目で仕方がないくらいの気持ちで挑むようにしましょう。

 

留年して挑むという選択肢もあるのですが、その場合は流石に人事側も覚えていないのではないかと思います。

 

特に大手で、1次面接あたりで落ちているのでしたら、顔を覚えられていないと思います。

 

しかし、2度目の応募を防ぐために、記録などが付けられているのでしたら話は別なので注意する必要があります。

 

視野を広くして就職活動する

行きたい企業から採用を貰える人は非常に少ないです。

 

大半の人は、妥協した上で、納得できる企業に入社しているのです。

 

そして、既卒として就職活動するとなると、応募できる求人が大幅に減少します。

 

そのため、より応募する企業の条件に妥協する必要が出てきます。

 

応募したいと思えるような大手でも、既卒というだけで落とされることもあります。

 

だからこそ、出来る限り新卒で就職できるようにしましょう。

 

やりたい仕事があるのでしたら、落ちてしまった企業以外にもでできる企業はないのか探しましょう。

 

待遇面を優先しているのでしたら、非公開求人を扱っている求人サイトや紹介会社を利用して、競争率が低い中で内定を目指しましょう。

 

⇒ミーツカンパニーが主催する合同説明会で内定獲得

page top