大手病になっているかもと思ったら

大手病になっているかもと思ったら

 

新卒の学生に人気の高い、大手企業ばかりに応募して、内定貰えない学生のことを大手病にかかっている就活生と基本的に言います。

 

大手病になっている人の厄介な点としては、応募している大手の企業からランクを下げる際に、ほとんど妥協をしない事です。

 

本人は大手ばかりに応募するのは止めようと意識しているのかもしれないのですが、第三者から見れば、十分人気のある企業ばかりに応募していることに変わらないことも珍しくないのです。

 

簡単に言えば、人気の高い大手企業に応募している人達が、「こっちも待遇がいいから応募しておきたい 」と思ってしまうような企業に結局応募しているとも言えます。

 

また、中小企業に応募していても、大手の新卒専門の求人サイトの中で、特筆して待遇が良かったり、聞いた事のあるような社名ですと、当然人は集まります。

 

大手よりも応募者が少ないかもしれませんが、中小企業だと採用人数も少ないです。そのため、実質競争率は人気の大手と大差ないこともあります。

 

”待遇の悪い企業に応募しろということか!?”

 

ここまで読んだ人の中には、このように思う人もいらっしゃると思います。

 

そういう訳ではありません。

 

問題なのは、新卒の学生がほとんど見ているような、大手の求人サイトに掲載されている求人からしか選ばないことです。

 

見る人が多い程に、当然ですが競争率は高くなります。

 

また、大手の求人サイトでピックアップされたり、検索で最初の方にヒットする企業程に、掲載費を多く出している傾向があるので、必然的に体力があり、待遇の良い企業が多くなります(ブラック企業が待遇の向上ではなく、採用活動費に予算を振っていることもありますが)。

 

そこで勝負してはいけないとは言いませんが、内定が貰えないなら、結局は大手病から抜け出せていないと言えます。

 

内定が取れない人の典型例と言えます。

 

どのように就職活動すればいいのか

応募しないと内定は得られません。そのため、人気の高い大手企業に挑むことは間違っていません。

 

しかし、そこに勝ち抜く力が自分にはないと思っているのでしたら、先に中小企業やベンチャー企業などで内定を貰った上で挑むことをオススメします。

 

一つ内定があるのと、内定0では心の余裕も変わってきます。

 

競争率が低い中で、素早く内定を得る方法としては、一つは参加者が限定されていないような合同説明会のようなイベントに参加することです。

 

オススメの一つとしてミーツカンパニーのイベントになります。

 



 

一般の求人サイトに掲載していない企業から、優良企業、トップベンチャー企業など幅広く参加しており、社長が直接くることもあります。

 

座談会形式の選考を通して、好印象を与えることができれば、特別選考に繋がることもあれば、即日内定に繋がることもあります。

 

また、イベントに参加している企業に選考を受けたい企業がなくても、希望者には個別にリクルーターが付いて、あなたの希望に沿った求人を紹介してくれます。

 

紹介会社のようなサービスは、利用者が採用に繋がることで、企業から成功報酬が貰えるので、無料で利用して貰っている学生を本気でサポートしてくれます。

 

そのため、採用される可能性の高い求人と出会うことができますし、応募書類の添削や面接のサポートもしてくれるといったメリットもあります。

 

もし、本気で内定を早期に得たいと思っているのでしたら、就活生が全員利用しているサービスから、少し離れることも考えてみてはどうでしょうか?

 

ミーツカンパニーに関しては最近注目度が高くなっていますが、参加できる人数は制限されているのもメリットと言えるかもしれません。

 

MeetsCompanyに参加する

 

第三者に頼る事も大切

紹介会社に限定しませんが、やはり自分の今の就職活動の良し悪しを考える上では、第三者から意見を貰うことは必須と言えます。

 

大手病から脱却するために、大手以外に応募しているつもりで、競争率が非常に高い企業に応募していることもあれば、面接時に自分では気づかない癖が出ていたりすることもあります。

 

そのようなことを防ぐためにも、自分1人の就職活動に固執しないようにしましょう!

page top