新卒の就職活動で10社以上落ちたら考えるべき事

新卒の就職活動で10社以上落ちたら考えるべき事とは

 

新卒の就職活動で内定が貰えずに10社以上落ちたのでしたら、一度就職活動の方法を改める事を検討した方が良いと言えます。

 

まだ10社…と思うかもしれませんが、20社、30社と落ちて行くと体力的にも精神的にも摩耗して行きます。

 

また、学生の多くは志望度が高い企業から受ける事になると思うので、例え落ちた社数が少なくても、ショックは大きくなっていくと思います。

 

基本的に新卒の就職活動で受けた企業に再度受け直す事はできない(将来的な転職は別ですが)ので、限られたチャンスを無駄にしないためにも、内定を貰えずに10社以上落ちたら一度今までの就職活動を振り返るようにしましょう。

 

自己分析は忘れない

 

 

大手企業ばかり受けていると落ちやすくなる…よく言われますが、一方で受かる人は大手企業でも複数の内定を得ています。

 

大手企業の場合は、歴史が古い程に学歴フィルターが厳しいケースもありますし、インターンや座談会など、大学3年生を対象にした実質的な採用活動をしているケースも多いです。

 

また、競争率も高いことから、他とは差別化できる経験・資格があると大きな武器になるとも言えます。

 

そして、一番の武器は資格や経験を元に自分を上手くアピールできるかどうか…と言えます。

 

仕事と面接のコミュニケーション能力は違いますが、やはり面接用のコミュニケーション能力に長けている方が面接は通りやすいと言えます。

 

そして、両方を兼ね揃えていて、有名大学に在籍しているので、有名な大手企業でも内定は複数得られるかもしれません。逆に、有名大学に入学していても、自己アピールが苦手だったりすると不採用ばかりになることもあります。

 

学歴に関してはどうしようもないですが、面接のためのアピールに関しては、対策はできます。

 

また、大手企業に応募すること自体は悪くありませんが、応募書類の段階で落とされ続けているのでしたら、在籍している大学で判断されている可能性もあるので、並行して大手以外の企業に応募することも忘れないようしましょう。

 

また、大手だから学歴フィルターが強い…といった側面もありますが、業界によっても差があるので、業界に特別な拘りを持ちすぎるのも泥沼に嵌る一因になるので注意してください。

 

面接の練習は忘れない

 

 

意外に甘く見ている学生が多いのが、面接の練習になります。

 

親や友人と面接の練習をしたり、事前に質疑応答のマニュアルを作る程度、緊張感のある場での練習をしない人は多いです。

 

そのため、面接の練習を本格的にしておらず、ぶっつけ本番で毎回挑んで落とされているのでしたら、一度模擬面接をすることをオススメします。

 

緊張感のある場で面接の練習をする際に、ビデオカメラで自分を撮ると、自分でも知らない癖を知る機会もあります。

 

具体的には、考える際に視線をさ迷わせたり、指が動く、貧乏ゆすりをしていたり、落ち着きが無い、そして笑顔が無くなっている…などになります。

 

特に表情は大切ですが、自分で面接時の表情など撮影したりしないと分かりませんし、友人や家族と練習している時と変わる事も多いです。

 

そのような自分では気づかないデメリットとなる癖を知る機会を作るためにも模擬面接は積極的に受けましょう。

 

模擬面接は、就職課に頼んでも良いですし、紹介会社を利用してキャリアアドバイサーに頼むのも良いと思います。

 

申し込むのに多少の手間は掛かりますが、避けずに練習を積むようにしましょう。

 

【東京しごとセンターヤングコーナー】

 

採用される可能性の高い求人に応募する

間違っても、内定欲しさにブラック企業と評価されている企業に応募する事は避けてください。

 

時間の無駄ですし、無意味な安心感で就職活動が滞る原因になります。

 

それよりも、新卒専用の紹介会社を利用したり、内定に直結している合同説明会などに参加する方法を取りましょう。

 

自分で求人を探すと、無意識に大手企業を選び、中小企業などを取り除く傾向が強いです。

 

中小企業の中にも優良企業はあります。

 

ただ、求人からでは、なかなか読み取ることは難しいので、無意識に応募を避ける気持ちも分かります。

 

そのため、新卒を専門として紹介サービスを利用して、求人以上の情報を教えて貰って、優良な企業の求人を紹介して貰ったり、人事や社長が直接参加するような合同説明会を利用してみると良いと思います。

 

一般の求人サイトでは掲載されていないような、非公開求人を紹介して貰えることもありますし、利用料が掛かる事も基本的にないはずなので、利用して損はないと思いますよ。

 

⇒新卒にオススメの就職サイト・紹介会社

page top