新卒 ハローワークを利用した方が良いのか

新卒でハローワークを利用する必要性はあるのか

 

 

ハローワークのイメージとしては、すぐにでも働きたい方が仕事を探す場であり、新卒で入社する学生が利用する媒体ではないと思っている方が多いと思います。
しかし、実際は新卒の学生も利用することはできますし、新卒をターゲットにした求人を掲載されています。
掲載はされていますが…ハローワークを利用して就職活動をすることはお勧めしません。

 

理由としては、このサイトを見ている学生の方の多くは知っていると思いますが、ハローワークは、ブラック企業の求人が多いことが挙げられます。
掲載料が無料な事と、ハローワークのチェックもザルなことから、ブラック企業が求人の掲載をしていることが多いです。

 

唯一のメリットとしては…新卒の場合は、競争率が低いので内定が貰いやすく、就職活動を終わらせやすいといったところになります。
もちろん、ハローワークが扱っている求人全てがブラック企業という訳ではありませんが、通常の新卒専用の就職サイトと比べるとリスクの方が非常に高いです。

 

新卒で利用するべきサイト

 

 

リクナビやマイナビに登録するのは、学生なら当たり前と言えます。

 

ただ、そのようなサイトに掲載される知名度の高い企業の競争率は非常に高くなります。正直言って、説明会に予約することさえ運の要素が強かったり、エントリーシートの時点で選考を落とされる事も多いのではないでしょうか?

 

利用すること自体にデメリットはありませんが、一方で効率は悪いです。また、リクナビ、マイナビといった大手企業にもブラック企業は多数存在します。
大手企業の就職サイトは、ビジネスで求人を掲載しているので、ブラック企業でも掲載料が貰えれば当然掲載します。
ブラック企業は、人件費にお金を掛けず、採用活動にお金をかける傾向があるので、ブラック企業として知名度が高い企業でも、就職サイトのトップページの注目企業などに名前が載ることも多いです。
そのため、大手の就職サイトに求人があるからといって、ブラック企業が少ないとは思わないようにしましょう。

 

効率の良い就職活動を心掛ける

 

 

正直言って内定が取れる人は、就職サイトに関わらずあっさりと取得できます。今までに貴重な経験を積み上げてきた方やや、身も蓋もない事を言えばコミュニケーション能力が高い人は、就職活動で苦労する事はないと思います。
ただ、そのような方ばかりではないのも事実です。

 

面接が苦手な方や、学生生活でこれといって差別化できるような経験などを持っていない方の方が多いと思います。

 

そのような方が少しでも待遇の良い企業に転職するのでしたら、競争率の低いサイトやイベントを利用することが大切になります。

 

簡単に言えば、一般の学生が知らない穴場のサイトやイベントになります。

 

大手の就職サイトの掲載を避ける企業の増加

最近は大手の新卒専用の就職サイトに求人を出す企業は減っています。

 

志望度の低い学生が「とりあえず」応募したり、説明会の予約をして志望度の高い学生の席を奪ったりすることが挙げられます。

 

そのため、大手の企業でも最近は、コストパフォーマンスを考えて、業種や職種に特化した中堅の就職サイトや志望度の高い学生しか知る事のできない合同説明会に参加することが増えています。

 

そのような、事を知っていると、競争率の低い中で、思わぬ大手の優良企業から内定を貰える可能性もあります。

 

また、名前を今まで知らなくても、ニッチな分野で活躍している優良企業に低い競争率で挑む事ができることもあります。

 

内定を貰う難易度が簡単とは言いませんが、競争率が激しいことから、書類選考で落とされたり、少ない面接時間で選考を打ち切られるといったリスクは減少します。

 

もし、応募書類や筆記試験、短い1次面接などで足切りされてしまう事が多いのでしたら、下記の記事も参考にして頂ければ幸いです。

 

⇒採用意欲の高い非公開求人の優良企業の探し方

page top