就職浪人することのメリットとデメリット

就職浪人することのメリットとデメリットとは

 

「内定が貰えなかった」

 

「内定が決まっている企業でやりたい仕事ができるとは思えなくなった」

 

就職浪人する人は、大学4年の間に内定が貰えなかった人が多いと思いがちですが、意外に内定を貰っている人が持っている手札を切って、就職浪人して再挑戦するケースもあります。

 

後は、公務員試験を失敗して、民間に切り替えるために、既卒になるのではなく、新卒として活動するために、就職浪人になる人もいらっしゃいます。

 

既卒と新卒とでは留年しても新卒の方が有利なのか

 

 

面接で馬鹿正直に就職浪人したと述べると不利になりますが、研究や留学といった事実があれば大きな不利にはなりません。

 

また、理系の場合は単位の取りこぼしによる留年はそれ程珍しくないので、在籍している大学などによっても有利・不利は変わって来るとも言えます。

 

何よりも、既卒と新卒とでは、受けれられる企業の求人数が全く違うのも事実です。

 

卒業後3年以内は新卒として扱われる…と言われていても、実際は大学に所属しているかどうかで足切りされることはありますし、○○年卒のみと限定しているような求人もあります。
そのため、求人に応募できる幅を広げたいのでしたら、既卒よりも就職浪人してでも、新卒として求人に応募した方がメリットは大きいと言えるかもしれません。

 

就職浪人のデメリット

一番のデメリットは、1年留年することによって請求される学費と言えます。それだけで、数百万円の損失と言えます。

 

また、前述したように留年した理由を聞かれる可能性が非常に高いので、就職浪人以外の理由を考えて置く方が良いと言えます。

 

人によっては、就職浪人を決めた段階で短期留学などをする人も少なからずいらっしゃいます。

 

ただ、大学受験などで浪人している人もいるで、年齢で目立つのか…といわれと微妙な点になるのも事実です。

 

深く追求されるか否かは企業次第…と言えるかもしれません。

 

就職浪人を選ぶ前に卒業する前に就職できる道を探す

 

 

既に卒業間近で応募できる求人も少ないから、来年の卒業生を対象にした新卒の求人にターゲットを移す…の前に、卒業前に就職できるか最後まで行動してみる事をオススメします。

 

大手の求人サイトだと、新卒の求人掲載は早い時期に翌年の卒業生を対象にしたサービスに変わりますが、中規模の求人サイトや紹介会社は卒業間近までサービスを展開していますし、既卒の求人も一緒に扱っている事も多いです。

 

それでも気に入った求人がないのでしたら、就職浪人をして就職活動するのも良いと思いますが、やはり金銭面のリスクと就職浪人していない新卒との競争や精神的なプレッシャーを考えるなら、留年せずに就職を決めた方が良いです。

 

特に就職浪人するとなると、「就職浪人にしなくても行けた企業には行きたくない」といった思考になりやすくなるので、自分で設定するハードルは高くなります。

 

しかし、就職浪人したからといって、不利になることはあっても有利になることは少ないので、結局は狙っていた企業などに就職できない事も多いです。

 

そうならないためにも、出来る限り就職浪人せずに就職することが一番と言えます。

 

もし、新卒の就職活動で内定がなかなか貰ずに悩んでいるのでしたら、就職浪人をする前に、下記の記事のサイトを利用する事を考えてみてどうでしょうか?

 

⇒新卒にオススメの就職サイト・紹介会社一覧

page top