新卒の就職活動をしながら公務員試験を受ける事はできるのか

就職活動と公務員試験は両立できるのか

 

新卒の就職活動と公務員試験を両立する事はできないのかと悩む方も少数ながらいらっしゃると思います。
個人的には、オススメしません。

 

民間企業の就職活動をメインにして、公務員試験は受かればラッキー程度、または公務員試験がメインだけど志望度の高い企業だけ受けたいと思う程度なら良いかもしれません。

 

ただ、後者の場合は、それなりに時間が取られる可能性があります。後になって、民間企業の就職活動をして時間を無駄にしたと思いたくないのなら公務員試験一本に絞る事をオススメします。

 

前者の場合でしたら、夏の終わりから秋に始まる市役所試験をターゲットにするという方法もあります。
3年の冬から4年の夏前までに内々定または内定を獲得して、市役所試験に挑戦する分にはリスクが低くて良いと思います。

 

市役所の公務員試験

 

 

公務員試験はA日程、B日程、C日程、D日程とあり、A日程は県庁や一部の規模の大きい市役所になります。
試験日は夏前付近になると思います。B日程以降は夏・秋頃になります。D日程になると、町役場などになるので規模も小さいですし、給料も低い事が多いですが、公務員には変わりありません。

 

なお、B日程以降は受ける市や町役場によっても変わりますが、基本的に一般教養のみになります。

 

法律や経済といった専門科目はなく、文章理解や数的推理など科目数が大幅に減るので、早めに新卒の就職活動を終わらせる事ができ、効率よく勉強すれば市役所の公務員試験の筆記試験なら突破できる可能性はそれなりにあります。

 

注意点としては、町役場などを受けるとなると、試験も独自日程となっている事が多く、情報も積極的に公開されません。そのため、ネットで市・町役場の採用ページを頻繁に見て、確認する必要があるので注意しましょう。

 

公益財団法人と独立行政法人

 

 

公務員試験をメインに活動している方、民間企業を主軸に公務員試験を考えている方にオススメのが、公益財団法人や独立行政法人になります。給与の体系は、公務員を準拠しており、試験も公務員試験に似た筆記試験を課している事が多いです。また、試験の難易度は本来の公務員試験より簡単になっている事が多いです。

 

そのため、公務員試験をメインにしているけど、よりチャンスを増やしたいと思っている方にはオススメです。
ただ、公益財団法人や独立行政法人の職員募集は毎年ある訳ではないです。新卒の就職サイトなどでも募集している事がありますが、公に募集していないこともあります。
そのため、ネットで一つ一つ会社のホームページなどで調べる必要もあるので注意しましょう。

 

例としては、法テラス、東京しごとセンター、地方公務員関係共済組合職員共同試験、日本学生支援機構などがあります。
試験によっては、公務員試験の筆記試験と全く違うこともあります。なお、競争率は非常に高いです。公務員試験をメインにしている方から、民間企業を主軸にして働いている方まで集まるから当然と言えます。
したがって、あくまでもチャンスの一つと思った方が良いと思います。

 

両立はオススメしない

個人的には、民間の就職活動と公務員試験を両立させようとするのはオススメしません。普通の就学生は、民間一本、または公務員試験一本で取り組んでいるのに、両立するとなると、それだけで不利になります。
もちろん、大手企業に受かって、公務員試験にも受かり、どちらに行くかと贅沢な悩みをするかといらっしゃいますが、極一部の方だと思った方がでいいです。
そして、大学4年なら、自分が両立できる程の人物かも何となく分かると思います。少しでも不安があるのでしたら、片方に集中した方が後悔は小さいと思いますよ。

 

しかし、もし公務員試験を受ける前に内々定を確保して精神的な負担を軽くしたいと思っているのでしたら、就職サイトをメインで利用せずに、就職支援のサポートを利用して、短期間で内定が取得できるか試して見ても良いかもしれません。

 

⇒短期間で内定を獲得する方法

page top