新卒の就職活動 やる気が出ない

新卒の就職活動 やる気が出ない

 

新卒の就職活動をしている、または始めようとしている人の中には、やる気が起きない、したくない…といったことから積極的に就職活動に集中できない人は少なからず存在します。

 

「何を甘えた事をいっているんだ」、「後で本人が後悔するだけ」…と切り捨てる人が大多数だと思いますし、私自身もそう思っています。

 

ただ、新卒の就職活動のやる気がでずに、思ったように活動ができない気持ちは多少分かります。

 

皆で同じリクルートスーツを着て、セミナーや対策本を読んで応募書類の対策・面接の対策をする…何か違うのではといった疑問も確かにあります。

 

ただ、残念ながら日本はアメリカとといった諸外国とは根本的に就職するまでの道筋が異なります。

 

欧米などは、大学で仕事に通じる…簡単に言えば即戦力となる力を磨きます。そのため、就職活動のための対策本など読まなくても、成果に直結した能力をアピールすることで採用を勝ち取れます。

 

しかし、日本の場合は、大半の学生は大学で即戦力になるような能力を身につけません。

 

実際に、面接ではサークル・部活動、アルバイト、留学といった体験からコミュニケーション能力や積極性などをアピールする方が大半です。

 

そのため、対策本やセミナーなどを通して自己分析をして、どのような体験を利用して、アピールすれば良いのか…となります。

 

そうなると、話は違っても似たり寄ったりな内容・帰結になりますし、仕事の能力による判断はされないので、マナーや服装などにも過度に神経を使う必要が出てくるのです。

 

このような就職活動にやる気が出ない…と思ってしまう方が一定数出てしまうのは、仕方ないとも私個人は思えます。

 

ただ、日本で就職活動するなら諦めるしかありませんし、やる気のない人の多くは即戦力になるような力をもっていないでしょう。

 

だったら、やる気が起きなくても就職活動をするしかありません。

 

日本と海外どちらの就職活動が良いのか

 

 

少し話は脱線しますが、日本と海外…どちらの就職活動が良いのかと言われれば、人によるとしか言えません。

 

海外の多くの企業は、新入社員の時点でそれなりの能力を求めます。そのため、大学も即戦力になるような教え方をしている事が多いです。

 

「日本の大学は入学するのが難しく、卒業するのは簡単」と言われていますが、欧米といった諸外国は、「入学するのも卒業するのも難しい」です。

 

そのため、自由な大学生活を送るなら日本の方が良いかもしれません。また、日本の企業は海外と違って即戦力は求めていない事が大半です。

 

じっくりと育てて貰う事ができます。

 

だからこそ、コミュニケーション能力や人柄が就職活動で見られるとも言えます。

 

ただ、コミュニケーション能力や人柄を見るからこそ、就職活動で個性的な部分を見せると協調性が無いと判断されたり、問題があると判断されやすいことから、マニュアル形式の就職活動が基盤になってしまっているとも言えるかもしれません。

 

やる気が出ないなら素早く就職活動を終わらせる

 

 

やる気が湧かない状態から脱却させる方法は、私には分かりません。

 

ただ、やる気がなくても、就職活動をする事ができますし、付け焼き刃でも表面上は面接で入社意欲などを伝える事はできます。

 

バレる可能性もありますが、バレない可能性もあります。無理やりにでも、志望動機を考え、企業を研究をしてください。

 

そして、大手などは狙わずに、面接の回数が少ない中小企業を狙いましょう。

 

人材紹介会社開催している、内定に直結する合同説明会に参加して、短期決戦に臨むのも良いと思います。

 

長々と就職活動をする程にモチベーションが下がるので、一気に行動して内定を獲得してみてはどうでしょうか?

 

もちろん、上手くいくかは本人次第ですが、何もせずに後で後悔するよりも、一応内定を獲得するために行動して置いて損はないと思いますよ。

 

⇒効率よく就職活動ができる就活サイト

page top