新卒の就職活動 書類選考で落とされる

新卒の就職活動 書類選考で落とされる

 

マイナビやリクナビといったサイトを利用して、新卒の就職活動をしている人の多くは、ネット上でエントリーシートを記述して書類選考を受けた経験があると思います。

 

または、説明会に出席した後に、エントリーシートを提出して書類選考の合否を待つ…と言う事も多いと思います。

 

前者の場合でも、会社によっては、複数の設問を用意して提出させることは珍しくないので、エントリーシートを作って、履歴書の志望動機などを書き直すの時間が掛かります。

 

また、後者の場合になると、説明会に参加までしたのに、容赦なく書類だけで落とされる可能性もあります。

 

スムーズに就職活動が進めば良いですが、何度も書類選考や説明会と同時にする筆記試験とエントリーシートで落とされていると、面接で落とされる以上に虚無感を味わうようにならないでしょうか?

 

特に志望度が高かったり、興味が強い程に面接さえ受けさせて貰えない事にショックを受けるのではないでしょうか?

 

学歴で落とされている可能性

 

 

大手企業になると、エントリーシートの内容以前に大学の名前だけで書類選考の合否を決めることもあります。

 

企業によっては、書類選考どころか説明会の参加も学歴で決まる事があります(学歴が高い人には早めに説明会予約が開始した事を連絡したりなど)。

 

もちろん、そのような企業ばかりではありませんが、有名な大手の大企業ばかり狙っていると学歴で落とされ続けている可能性は少なからずあるので注意した方が良いです。

 

会社が望む人材ではない

 

 

一つの業界、または職種に特化すると、あなたが履歴書やエントリーシート、そして適性検査などの回答が会社が求めている人材とは異なっていると判断される事もあります。

 

成果が求められる営業職だったりすると体育会系の人が求められやすいので、インドア系の趣味をアピールしたり、デスクワーク寄りの人柄だと判断されやすい経歴を記載すると落とされる可能性が上がります。

 

逆にルーチングワークの多いデスクワーク系の仕事で、新しい事を積極的に挑戦したり、保守的な働き方が苦手な人柄だと判断されるような経歴を記載すると、やはり落とされる可能性が高いです。

 

そのため、書類選考が全く通らないのなら、一度あなた希望する業界・職種の求める経歴や人柄を確認すると良いと思います。

 

書類選考がない会社に応募する

 

 

大手の会社になると、ほぼ確実に書類選考がありますが、中小企業やベンチャー企業になると面接を確約してくれる事もあります。

 

競争率が低いサイトとしては、業界に特化した中小規模の就職サイトを利用すると良いと思います。

 

サイトによっては、スカウトメール中心の新卒のサイトもあり、オファーを受ければ書類選考免除+一次面接免除をしてくれる事もあります。

 

⇒オススメの新卒専用の就職サイト

 

そして、もう一つの方法としては、合同説明会に参加する事です。合同説明会といっても、大手の就活サイトが開いている大規模なものではなく、開催地で説明会や座談会などをする形式になります。

 

そのため、社長や人事と直接話せる機会もあるので、その場で内定を貰ったり、書類選考や一部の面接を免除した特別選考を受けられる事もあります。

 

⇒優良企業と出会える新卒にオススメのイベント

 

自分に一番に合った就職活動をする

 

 

マイナビやリクナビといった大手の就活サイトを利用して、有名な大手企業に採用されるのが理想的なのは確かです。

 

ただ、そのような理想的な就職活動ができるのは極一部です。

 

多くの方は、王道の就職活動をしながら、自分に合った就職活動を模索しています。

 

もし、書類選考が通らない…と頭を悩ませているのでしたら、この記事を少しでも参考にしてみてはどうでしょうか・

page top