就職活動 人見知りで面接が怖い方へ

就職活動 人見知りで面接が怖い方へ

 

就職活動を始めたばかりの頃ですと、自分を見定められる面接の場というのは非常に緊張します。既に内定を貰っていたり、一度社会に出た後の転職のための面接になると、自分も企業を面接で見定めようといった気持ちで臨む事もできるようになりますが、新卒として活動したばかりですと、少し難しいかもしれません。
やはり、企業に気に入られたい、評価されたいという思うの方が先走りやすいですし、一概にそれが悪い訳とは思いません(熱意は伝わりますしね)。

 

ただ、人によっては人見知りな事から面接を躊躇ってしまう方もいらっしゃると思います。思い切って受けたけど、失敗してトラウマになったという方もいらっしゃるかもしれません…

 

面接の練習をする

 

 

意外にしていない方が多いのが模擬面接になります。家族や友人に頼む方も多いですが、個人的には第三者に頼んだ方が、ある程度本番の緊張感を維持することができます。
大学で模擬面接などができるのなら積極的に挑むと良いと思います。また、就職支援企業で無料の面接練習なども受けられます。
ビデオなどで録画しながら、見ると無意識の癖などを知ることも出来ます(受け答えを考えている最中目が上に向くなど)。

 

個人差はありますが、面接も慣れの部分はあるので、回数をこなすのも大切だと覚えておきましょう。

 

なお、偶にありのままの自分を見せれば良いと面接の練習をせずに挑む方がいらっしゃいますが、「緊張した状態+練習なし」でありのままの自分を見せるのは非常に難しいと思った方がいいです。
また、思っている事を口にして述べるのも、練習をしないと、言葉が上手く出てきません。そのため、練習なしや、質問の予想・対策なしで面接に挑むのは、余程会話に自信がある方でなけばオススメしません。

 

ただ、考えてきた答えを暗唱しても、1次面接ぐらいなら通過しても、役員面接などですと、まず落とされると思った方がいいです。そのため、定番の質問に対して、どのようなエピソードを利用するかを決めて、後は質問に合わせてエピソードに肉付けすると良いと思います。

 

面接に慣れないないのなら

面接は慣れと言いましたが、「個人差」はあります。いくらやっても、緊張すると言葉が上手く出せなかったり、質問に対するエピソードをど忘れしてしまう方はいらっしゃいます。
そのような場合は、会話形式に近い面接をしてくれる企業に的を絞るのも一つの手段です。大手ですと少ないですが、中小企業やベンチャーとなると、来客用の部屋で時間を取って面接をしてくれる事もあります。
大手企業のように、部屋の中に椅子をポツンと置かれて、役員の人達が数メートル以上離れた場所で揃い踏みしているような面接は少ないので、緊張は少ないと思います。
また、大手企業によくある減点方式による面接で足切りされる事も少ないので、緊張して多少回りくどい答え方をしてしまっても、悪い印象を持たれる事は少ないと思います。

 

内定直結型の合同説明会などを利用する

 

ミーツカンパニーが主催する合同説明会で内定獲得で説明しているような合同説明会ですと、企業と就活生の間にリクルーターが入ってくれるので、面接で上手く言えなかった事を、代わりに企業に伝えてくれたりしてくれます。

 

また、即日内定が貰えたり、特別選考として筆記試験や1次面接などを省略してくれることもあります。

 

足切りをしないので、多少喋り方がおかしかったり、思ったような事が伝えられなくても、大手の足切りを前提とした1次面接のように減点されてお終いではなく、再度分かりやすく聞き直してくれたりもしますし、最終的に面接官が納得してくれれば問題ない事が多いです。
大手企業でも、最終面接などになれば、ゆっくりと時間をとってくれるので、聞き返してくれますが、足切りの面接では、それで落とされてしまう事も多いの注意しましょう。

 

失敗から学ぶ事が大切

面接を怖がって、受けなければ当たり前ですが、内定を貰う事はできません。
また、面接が上手く行かない事が連続すると落ち込む気持ちも分かります。ただ、その失敗を糧に「次」を考えながら就活を続ける事が大切になります。

 

自己分析をやり直すのもよいですし、前述したように受ける企業の方向性を変えたり、就職支援のサービスを受けるのも良いと思います。
一番問題なのは、行動する事を止める事と、もう一つは新卒の就職活動が失敗する方の特徴で詳しく述べていますが、失敗から目を逸らして、同じ行動を繰り返す事です。

 

普段から人見知りの方にとっては、就職活動の面接は非常に怖いものかもしれませんが、それでも向き合って行く必要があります。

 

仮に恥をかいて落とされても、その場限りの関係だと割り切って、次の企業の面接に活かす姿勢でいましょう。

 

page top