新卒の就職活動で中小企業に就職するメリット・デメリット

新卒の就職活動で中小企業に就職するメリット・デメリット

 

中小企業のメリットと聞くと、やはり少数精鋭になりがちなので、若い頃から仕事を任せて貰いやすい環境というのは正しいと思います。ただ、中小企業と一括りでもいっても、働きやすさや待遇も幅広いです。
大手企業よりも目立ちにくいですが、ブラック企業の度合いも、知名度の高いブラック企業よりも悲惨な職場も多数存在します。その上、情報が少ないので、間違って入社するリスクもあります。
したがって、大手企業以上にブラック企業と優良企業との差が激しいので、慎重に就職活動をする必要があります。

やりたい仕事が明確か考える

 

 

最初に述べたように、中小企業は若い内から実益が伴った仕事にも挑戦する事ができるので、大手企業で働く人よりも早く仕事の能力を磨ける可能性はあります。
一方で教育に関しては、大手企業よりも整っていない事が多いです。そのため、仕事をしながら学ぶといった傾向が強いと思った方がいいです。

 

社会人経験のない方からすると、若い内から実益が伴った仕事に挑戦できるというのは魅力的に見えるかもしれませんが、一方で能力が仕事に追いついていない段階で任される可能性もあります。
その場合は、自主的に勉強をしたり、先輩や上司に教えを乞うような事もしないといけません。

 

そのため、将来的にやりたい仕事のビジョンであったり、好きな仕事でないと途中で心が折れてしまう可能性があります。

 

大手と違って教育に手を割く人材も時間もないので、最後は自分で学び、能力を上げて行く気概が求められるのです。

 

したがって、年齢にそったキャリアを積んでいきたいのでしたら、具体的なキャリアパスが用意されている大手や、大手と言わなくても、ある程度教育が整っている中小企業に就職する事をオススメします。

 

大手企業・中小企業と拘らない

 

 

ここまで述べたのは、中小企業の一般論になります。正直に言えば、大手企業・中小企業と考えながら就職活動する事は個人的にオススメしません。大手企業でも、配属される部署や支社によっても働きやすさ何て変わってきます。それこそ、部署によっては働きやすいけど、ある部署はブラック企業並みの忙しさ…と聞く事もあります。

 

中小企業に関しても、本当に企業の規模も小さく、待遇の悪い企業から、一応中小企業のカテゴリーだけど、ほとんど大手と言っても良い歴史ある企業もあります。それこそ、教育体制もしっかりと整っており、下手な大手企業よりも待遇が良い事もあります。

 

したがって、大手だから大丈夫、中小企業だから危険といった考えを持つような事は止めましょう。

 

大手企業でも、若い頃から積極的に実益の伴った、責任のある仕事に就かせる企業もあれば、逆に中小でも年齢ごとのキャリアパスを決めて、ゆっくりと育てる企業もあります。ただ、傾向としは中小企業の方が、社員数や規模から若い頃から責任ある仕事に就きやすい「傾向」があるだけです。

 

また、メリットだけでもないので注意してくださいね。

 

⇒新卒のための就職サイト

page top