新卒の就職活動 悩み・疑問

採用選考を受けていた企業が全滅したら

 

 

「手持ちの札が無くなった…」と心の中で両手を地面に付く方も少なからずいらっしゃると思います。特に働きたい業界や職種を決めている方ですと、行きたい会社の志望度も決まっている方が多いので、その全てが全滅すると、次どうすれば良いのか悩む事もあるかと思います。

 

ただ、選考を受けていた会社が全滅したからといって就職活動を辞める訳に行かないので、迅速に行動に出る必要があります。

・中小企業の求人まで確認する
・受ける業界・職種の枠を広げる

希望する業界・職種の求人がない…と言う事は少ないと思います。希望する職業が余程の専門職であるか、または視野が狭くなっているからだと思います。ただ、待遇面で条件を満たす求人が見つからない事はあります。
その場合は、妥協するか、それとも受ける業界・職種の枠を広げる事が求められます。

 

簡単に言えば、少しずつ妥協して行く必要があると言えます。なお、選考を受ける企業の条件と妥協に関しては就職活動をする上で優先順位を付ける事の重要性で詳しく述べているので参考にして頂ければ幸いです。

 

優良な中小企業にも目を向けるようにする

 

 

新卒の学生で多いのが、一度は名前を聞いたことのあるような企業だけに応募する傾向になります。
知名度があると言う事は、それだけ他の学生も同じように応募する可能性があるので、必然的に競争率も上がります。そのような企業ばかり受けていると、受けていた企業が全滅するといった事も珍しくありません。
中小企業にも、優良な企業は数多く存在するので、積極的に選考を受ける選択肢の一つと考えましょう。

 

ただ、注意点としては中小企業の優良企業の場合は、コストパフォーマンスを考えて、大手の就職サイトではなく、中規模の就職サイトや就職支援企業が開くような合同説明会を中心に採用活動をする事も多いです。

 

理由としては、中小企業は少数精鋭が基本的になるので、余程人手不足な状態でないのでしたら、コストの低い中規模の就職サイトや合同説明会に参加する傾向があります。また、不特定多数の学生が来る事を嫌って、志望度の高い方が利用する専門性の高い就職サイトだけを利用することもあるようです。
業界や職種が決まっているのでしたら、希望する業種に特化した就職サイトを利用するのも良いと思います。

 

 

⇒人事・経営者層からの直接オファーが貰える就職サイト:キミスカ

 

⇒採用に積極的な会社が参加する合同説明会

 

受ける業界・職種を広げる

 

 

あなたが希望している業界・職種でしか、あなたが希望する仕事ができないのかを再度考えてみましょう。
また、職種に関しては企業に裁量権があるので、専門職以外の場合は、入社後に配置転換される可能性も十分あります。そのため、入社時の職種に強いこだわりを持っていても、会社から適性がないと判断されれば簡単に変えられるリスクもあることは知っておきましょう。

 

業界に関しても、職種に対してそれ程強いこだわりがないのでしたら、一度他の業界で似たような仕事ができなのか考えて見る事をオススメします。

 

業種や職種を限定したからとって、求人が無くなる事は少ないですが、最初に述べたように待遇面の希望が加わると選択肢は一気に狭まる可能性はあるので注意しましょう。

 

⇒新卒の就職活動 内定を早期に勝ち取る方法

 

オススメの合同説明会・就活サイト

 

ミーツカンパニー

 



 

合同説明会といっても、単なる会社の説明会ではなく、参加している会社によっては社長も出席していますし、説明会の後に座談会形式の選考もあります。

 

そのため、選考が大幅にショートカットされる特別選考を受けさせて貰える事もあります。

 

また、合同説明会を開催しているリクルーターもいるので、面接で伝えられなかったあなたの魅力を代わりに伝えてくれます。

 

もし、イベントに応募したい企業がなくても、リクルーターにあなたの希望に合う求人を紹介して貰う事ができます(個別面談に関しては参加者の自由です)。

 

なかなか、内定が貰ずに悩んでいるのでしたら参加してみてはどうでしょうか?

 

内定直結型就活イベント

page top