やりたい仕事が思い浮かばない学生の就職活動

やりたい仕事が思い浮かばない学生の就職活動

 

就職活動をする前に、明確にやりたい仕事があるのでしたら非常に幸運と言えます。就職活動も、そのやりたいことを軸にして行えばいいのですから。

 

ただ、実際に就職活動の軸にできる程に、やりたい仕事が明確に決まっている方は非常に少ないです。給料の金額、休日、福利厚生の充実などは、やりたい仕事ではなく、働きたい環境になるので、就職活動の軸にするには難しいです。
もちろん、仕事内容よりも職場の環境を重視したい気持ちを否定しませんが、一方で志望動機が曖昧になりやすいです。

 

そのため、学生によっては働く事のビジョンが明確にならずに、とりあえず周りに合わせた就職活動をする方も多いです。

 

仕事は人生の半分以上を占める時間

 

 

やりたい仕事がないから、とりあえず興味を持った仕事に就くことは悪いことではありません。入社し後に、自分が就いた仕事を理解して好きになっても良いと思いますし、他にやりたいことができたら転職しても良いと思います。

 

そもそも、一度も働いた事のない学生が、一回の就職で将来的にずっと働き続ける事ができる企業に就ける可能性の方が低いです。
大切なのは、自分が今考えられるだけの自己分析と行動をした上で就職することです。もしかしたら、第一志望の企業に入社できないかもしれませんが、それでも自分ありの基準で入社する企業を選ぶことができれば後悔は少ないです。
また、入社し後に他にやりたい仕事ができた場合も、新卒時の就職活動の経験や考えを参考にして、失敗のリスクを減らした転職ができます。

 

※就職の成功と失敗に関しては就職活動をする上で優先順位を付ける事の重要性でも述べているので興味がありました見て頂ければ幸いです。

 

第一志望の企業に就職してもギャップは少なからず発生する

 

 

第一志望の企業に就職できたとしても、学生の時に思っていた仕事内容と実際の仕事内容とではギャップは少なからず生じます。

 

説明会などでは、新入社員の質問などで「思っていた仕事とのギャップはなかった」、「働きながら学んで行ける職場」といった学生を安心させる言葉を良く聞きますが、あくまでも「そのように感じた人」を説明会で特別に紹介しているだけです。

 

他の新入社員がどのように感じているのかは分かりません。ただ、そのような事を言っていては何も信じられないのも事実です。
そのため、説明会の内容、企業の公式サイト、OB訪問、就職支援のリクルーターからの情報などから後悔の内容に情報を集めて、ある程度のギャップが生じても働けると思える企業に入社できるように努める事をオススメします。

 

⇒新卒のための就職サイト

 

やりたい仕事がなく就職活動のやる気が出ない場合

偶に「やりたい仕事が思い浮かばないから、就職活動にやる気が出ない」と述べる方がいらっしゃいます。
まあ…気持ちが分からないと言いませんが、逆に仕事をせずに何をする気なのか質問したいところです。雇われたくないから起業したい、自営業として働きたいというのは、リスクはありますが悪いとは思いません。ただ、仕事から逃げたらお金を稼ぐ事ができません。一生に親に養って貰う事なんてできませんし、社会人にもなれません。

 

仕事をしていれば「やる気が出ない」と思う日なんてよくありますし、働きたくない日もあります。そのような気分とも上手く付き合って、働く事が社会人として働く上で必要な事になります。

 

やる気がないから就職活動に身が入らないと言っても、それが原因で怠けた不利益は全て自分を負う事になります。
回りに尻を叩いて貰わないと何もできないのでしたら仕事もできません。そのため、やる気がなくても、行動していけるように心掛けて下さいとしか私には言えません。

 

ただ、やる気を上げる方法として一般的な方法としては、合同説明会等に参加して、回り競争相手の熱意などを受けることになります。やる気がないと嘆くよりも、無理に体を動かして行動してみてはどうでしょうか?

 

⇒新卒の就職活動 内定を早期に勝ち取る方法

page top