大学内で掲載される求人に応募するメリット・デメリット

大学内で掲載される求人に応募するメリット・デメリット

 

 

大学で紹介されている企業の求人は、大学側は求人の掲載を受諾している事からブラック企業が無い…とまではいいませんが、ある程度信用できる企業が多いです。また、大学の信用とOBの方の信用から求人の依頼を特定の大学だけに依頼することもあります。後者の場合は、通常の就職サイトでは見られないような非公開求人の場合もあるので、運が良ければ競争率が低い中で優良な企業から内定が貰える可能性もあります。

 

内定を貰いやすいのか

内定が貰いやすいのかどうかは同じ大学内からの応募者数にもよるので何とも言えません。ただ、待遇が良ければそれだけ応募者も増えるので競争率は増えます。
ただ、所属しているゼミの教授のコネなどが使えれば有利になるかもしれません。また、学歴で判断されることもないので、余計ストレスを抱える必要もないのもメリットと言えるかもしれません。

 

内定辞退のリスクを考える

前述したように、企業側は大学、そしてOBの社員の働きから求人を大学に依頼している事もあります。
そのため、マナーの悪い内定辞退などをすると、翌年から求人を大学に依頼しなくなる可能性はあります。自分自身に直接不利益を被る事はありませんが、大学や後輩に迷惑を掛けることになります。
そのため、内定辞退した企業以外にも、大学時代にお世話になった教授や後輩からの評価も下がる可能性もあるので注意します。
内定辞退が悪いとは言いませんが、最低限マナーを守って断るようにしましょう。

 

大学で掲載される求人をメインにして活動するのは効率的なのか

正直言って所属している大学次第になってくるので、第三者からは何とも言えません。就職課と相談しながら、あなたが求める条件を満たした求人が多いのでしたら、メインの就職媒体として利用しても良いと思います。
ただ、私の個人的な意見としては、大学に掲載される企業の採用人数は少ない傾向が強いので、例え応募者数が少なくても競争率が上がりやすい事もあります。そのため、何度が利用して内定を勝ち取るのが難しいと思ったら他の媒体の併用も積極的にした方が良いかもしれません。

 

最近だと、大学専用の就職サイトから応募できることもあり、応募者数が事前に分かることもあるようです。
上手く利用すれば、かなり効率的に就職活動ができるかもしれませんね。

 

就職活動に正解も間違いも基本的にはないので、あなたの状況に一番適した方法を選ぶようにしましょう。

 

⇒新卒の就職活動 内定を早期に勝ち取る方法

page top