出身大学の学歴は新卒の就職活動で重要なのか

出身大学の学歴は新卒の就職活動で重要になるのか

 

社会に出たら出身大学による学歴の高さなどは、関係なくなりますが、一方で新卒の選考では、ある程度考慮されることもあります。
ベンチャー企業等になると、学歴などは関係ない傾向が強いですが、保守的な大手企業なになると、出身大学を重視するようになってきます。
ただ、最近は大手企業でも、出身大学をそれ程重要視しないようになってきています。

 

理由としては、学歴の高さが、社会人に必要とされる仕事の能力と比例する訳ではない点、そして昔と違って大学に行く事が珍しい事ではなくなった点が挙げられます。

 

もちろん、有名大学に通っていて損する事はありませんが、月並みの言葉を言えば、結局は大学でどのような事を学び、経験してきたかを面接で語る事ができなければ意味が無いと思った方が良いかもしれません。

 

逆に、学歴が低くても、大学で目標や夢に向けて必要な経験を積むことができれば、待遇のよい企業から内定を貰う事は十分可能です。

 

学歴を気にしていては就職活動はできない

 

 

出身大学の偏差値の高さを選考で述べることなんてありません。出身大学に対する評価に関しては、採用担当者が各々決める事になります。
なお、応募書類の書類審査の時点で、出身大学のレベルで合否が分かれる事も確かにあります。逆に、応募書類が通ったという事は、学歴に対しては問題ないという事になります。

 

無理やり学歴の利点を作るとすると、他の競争相手と全く評価が同じ場合だった場合で、採用枠が限られている…という事でしたら、学歴の高さや、社内にいるOBの数などで合否が分かれる可能性もあるかもしれませんが。

 

ただ、そこまで行くと学生側で採用の合否がどのように判断されたのか知るのは難しいですし、企業側も馬鹿正直に学歴で落としたと言う事はありません。

 

しかし、応募書類で落とす事は合っても、面接まで進んだ学生を学歴の高さで落とす企業は少ないと思います。

 

学歴で判断する企業はブラック企業なのか

 

 

出身校の高さで応募書類の段階で落とす企業は、少なからず存在します。前述したように、歴史のある大手企業の中にも少なからず、出身校を重視する企業は存在します。そのため、一概に学歴で判断する企業がブラックとは言えません。また、企業ではないですが、国家公務員試験の面接でも、学歴で判断される事があります。

 

ただ、そのような企業でも「学歴が高い=採用」になる事はありません。その中で、更にふるい落としが行われます。企業としては、余計な時間を採用活動に費やさないための、一つの措置とも言えるかもしれません。

 

逆に、一部の中小企業では学歴の高さだけで、内定を決めるような企業も存在します。そのような企業は、非常にブラック企業の可能性が高いです。
人柄や今までの経験を軽視して、学歴が高ければ良い…まともな採用基準ではないと言えます。ただ、学生側から、採用の合否判断を知ることは難しいです。もし、出身大学を述べたら、大きく食いつかれたりしたら、少し注意した方が良いかもしれません。

 

※大手企業=学歴で見る傾向が強いような言い方をしましたが、そのような企業は極一部だと思うので勘違いしないでくださいね。何度も言うように学歴を気にしていたら、就職活動なんてできないので、気にせずに堂々と就職活動をしましょう。

 

⇒新卒の就職活動でホワイト企業を探す方法

page top