新卒でベンチャー企業に入社するメリットとデメリット

ベンチャー企業に入社するメリットとデメリット

最近は、新卒でベンチャー企業に入社する学生の方も増え始めています。
ベンチャー企業で働くことのメリットとしては

・自分から手を挙げて行けば挑戦していける
・結果を出せば出世していける
・上司との上下関係がそれ程ない
・企業の成長を実感していくことができる

細かい部分を上げると他にもありますが、基本的には上記の4つになります。

 

挑戦しながら学んで行く

 

 

ベンチャー企業は、自分から積極的に手を挙げて挑戦して行く事が求められます。これは、新卒で入社した方も同様です。大手企業のように、先輩社員と一緒に教えて貰いながら仕事をしていくのではなく、仕事をしながら分からない部分は自分で調べ、回りの先輩や上司に聞いて行く事が求められます。
最初の頃でしたら、ある程度のサポートをしてくれますが、それでも最低限のサポートになります。

 

分からなければ自分で行動して解決する事が求められるのがベンチャー企業になります。

 

私の知り合いから聞いた事務の外注をしているベンチャー企業ですと、企業が受けた外注に対して、やりたい社員が自分から手を挙げて引き受けるそうです。個人で受ける事もあれば、チームもこともあるそうです。そして、その案件による売上の貢献によって給料や昇進が決まるということです。

 

チャンスは平等な一方で、失敗を恐れていると何もできなくなります。したがって、仕事に対して受け身な方は向かないと言えます。

 

上下関係が希薄

ベンチャー企業にもよりますが、基本的に上下関係が希薄な事が多いです。若い社長が経営している企業が多いですし、社員の人数もそれ程大きくないので、社員と経営者人の距離が近いのも上下関係が希薄な理由と言えます。
ただ、社会人としてのマナーとして上下関係は守る必要があるので注意してくださいね。

 

企業が成長していく事を実感できる

成熟した企業と違って、現在進行形で急速に成長を続けるのがベンチャー企業になります。
そのため、仕事の量、仕事内容の変化、取引相手の企業数の増減などによって、企業が成長、または停滞を肌で感じながら働けます。
また、企業の成長度と貴方の仕事に対する貢献が給料や昇進にも大きく影響する点を考慮しても、企業の成長を実感できる点かもしれません。

 

社員は、基本的に企業の実益に関わる仕事に従事することになるので、大手企業の一般社員では味わえない感覚と言えるかもしれません。
また、将来的に起業する事を考えているのでしたら、ベンチャー企業で働く事は、大きな糧となると言えます。

 

企業が成長して行くにしろ、落ち込んでいくにしろ、起業した際に貴重な経験として活かす事は出来ると思います。

 

新卒でベンチャー企業に就職するべきか

 

 

ここまでベンチャーの良い点を中心に述べましたがデメリットもあります。それは、倒産する可能性になります。起業した約9割程が10年程で倒産すると言われています。個人事業主も含まれているので、新卒の採用ができる体力を持ったベンチャー企業でしたら簡単に倒産はしないと思いますが、それでも他の企業よりもリスクは高いです。

 

ただ、倒産したり、大規模なリストラは歴史の長い大手企業でも抱えるリスクになります。

 

大切なのは、企業が倒産しても、他の企業に通用する経験とスキルを積めるかどうです。

 

最近は、他社で通用する能力や経験を積まずに年齢を重ねたことで、中高年の再就職先が見つからないといった問題なども度々聞くようになりました。

 

その点を考えると、若い頃から実益に直接関わる経験ができるベンチャー企業は、転職時には多かれ少なかれ評価されると言えます。また、実績を残せばベンチャー企業からベンチャー企業に転職する事もそれ程難しくはありません。
そのため、実力を身につける事ができれば、倒産のリスクはそれ程考える必要はないかもしれません。

 

ただ、何度も言うように誰かから教えて貰いながら、失敗を回避する働き方をしたい方や、結果を出す事を求められる職場が苦手な方にはオススメできない職場なので注意してくださいね。

 

⇒トップベンチャー企業が参加する合同説明会とは

page top